ポメつぶ

ポメラニアンに似ているらしい会社員(♀)が気の向くままに綴ります。

虫垂炎、ふたたび [発症~入院]

昨年7月、人生初の虫垂炎に見舞われた私。

炎症が軽いということで薬で散らしたんだけど……先日再発

ちょうど1年経つ直前くらいの時期で、見事に再発してしまいました。

再発率10~35%の中に入っちゃった。

 

とある週末、ひさびさの温泉旅行で遠出。

その帰りの車の中の「なんか胃がちょっと痛いな」で始まりました。

旅館で珍しく朝ごはんとか食べたからかなーと呑気に考えていたけど、

胃薬のんでも、トイレ行っても治らない。

むしろ痛みが増しているような……しかもだんだん腸のほうまで痛いような。

この感じ、知ってる……去年の虫垂炎と同じだ……!

気づけばすでにじっとしていられないくらい痛くて、虫垂炎をほぼ確信。

 

しかしこの日は日曜日……。

ただでさえ診てくれる病院が少ないうえに、虫垂炎はCTを撮らないと確認できない

から、CTの担当医がいるところじゃないとダメ。

家の近くで救急やってて、CT撮ってもらえる病院を

夫が一生懸命調べてくれて、タクシーで向かう。

が、その病院が近所ではすこぶる評判が悪く、できれば避けたい病院……

タクシーの運転手さんにまで「警察病院も近いですよ」と提案される始末。

警察病院、日曜は担当医不在でCT撮ってもらえないんだよ~

まぁ、避けたいとか言ってるけど、もう痛くてしかたなくて、

正直、とにかく誰でもいいからなんとかしてくれ状態でした。

不安を抱えつつ病院についたら、感じの良いお姉さんが対応してくれて、

ちょっと安心。救急扱いだったのか、かなり早く診てもらえて、早々に横に

ならせてくれたのがありがたかった。

看護師さんたちも割と感じがよくて、気を紛らわせようと世間話してくれたり。

 

しばらくして外科医の先生が到着し、触診。

とりあえず点滴して、CT撮影含め検査、ということで検査タイム。

CTが、造影CTというやつで、点滴に造影剤という薬を入れて撮るタイプ。

字のとおり、影がしっかり出て正確な診断ができる一方、薬にいろいろリスクが

あるらしく、痛みの中で説明されたんだけど、痛くて正直よくわからん……笑

というか、嫌だって言ったら検査進まないんだよね?

もうサインするから早くやってくれ……(いや、一応ちゃんと聞いてはいたよ

でもギリギリになって怖くなって、「薬入れるとどんな感じになるんですか?」

とか聞いてみる。身体が熱くなる感じがして、ちょっとお小水行きたいような

感じになります、とのこと。

実際やってみたけど、確かにそのとおりでした。

「ちょっとお小水いきたいような」は言葉選んでくれたんだと思うけど、

「おもらししたような」のほうが近かったかな笑

 

で、まぁなんだかんだで検査がひととおり終わり、痛み止めを入れて

もらいつつ待つ。(ちなみに来院してからずーーっと痛みは続いています)

付き添ってくれる夫に声をかけたいが、痛くてロクに喋れない……ツライ。

そして検査の結果。

「CTを見たところ、虫垂というより、もう少し上の上行結腸のあたりが

炎症を起こしているみたい。虫垂炎ではないので、抗生剤で治しましょう」

こんなに状況が酷似しているのに、虫垂炎じゃないの?!

でもまぁ近いところが炎症してるから症状も似てるのか……

次なったら手術って言われてたし、手術しなくて済んでよかったのか……

 

このあと、炎症が虫垂に移る可能性もある、ということで、入院して治療することに。

もうなんでもいいからこの痛みを取り去ってくれ……

入院の手続きなどは夫がやってくれて、私は病室(個室)へ。

個室はちょっともったいないかなとも思ったけど、痛みのストレスがすごすぎて、

ちょっとでもストレスフリーに過ごしたかった……

(のちにこれで良かったと実感します)

 

とここまでは、「虫垂炎じゃなかった」展開なのですが、

これ、やっぱり虫垂炎なのです。

 

つづく

プーケットに行ってきたどー その4

いつまでプーケットの話してんだ、という感じですが、

ここまできたら最終日まで書いておきたい……

 

フリー最終日は、なんのオプショナルツアーの予約もなく、

ただただフリーな1日。

天気が若干崩れそうな予報だったんだけど、相変わらず暑くて陽の光も!

ということで、着いてからずーっと行きたかったホテルのプールへ。

(部屋の目の前がプールで、すごく気持ちよさそうだったの)

プール3つくらいあったから、子どもは入れない!という★adult only★のプールへ。

いかがわしいプールじゃないです

ちょっと小ぢんまりしていて、緑多め、落ち着いた雰囲気のプールでした。

そしてプールバー!!!

あれです、プールの中に椅子がある、私の大好きなやつ。

カンクン行ったときは意外と空気が涼しくて、寒くて1杯が限界だったけど

プーケットは暑い! プールバーリベンジ!!

ということで、チャーンビールを。

さらになんか緑色の柑橘系のカクテルを。(名前忘れた)

ぐだぐだ泳ぎ、部屋から見えていた明るいほうのプールにも入ったりして、

プールタイム終了。

 

部屋でちょっと休んでから、パトンビーチへ!

カロンと迷ったけど、やっぱり買い物はこっちだろうということで。

フードコートに一度は行きたかったから、ジャング・セイロン内のフードコートへ。

チケットを買って、そのチケットで購入、みたいな感じなんだけど、

機械じゃなくて人間のチケット売り場で、システムがめちゃくちゃわかりにくい。。

私たち含め、観光客が混乱しまくってて笑

並んだけど、なんとか無事チケットGET。

青菜炒めみたいなのと、スパイシーシーフードみたいなのを摂取。

普通においしい。あ、ビールものんでるよ

 

その後、タイ式マッサージを受けよう! ということで、当日でも予約できて、

リーズナブルなところを探してみる。

パトンビーチの「Let's Relax」というところにしました。

タイ国内にたくさんチェーン店があって、現地の人も行くようなところらしい。

ちょっと遅めの時間で予約をとって、街中をぶらぶら。

屋台で焼き鳥食べて、レモンジュースという名のライムジュースを飲んだり

猫に焼き鳥ちょっとあげたらめちゃくちゃ懐かれたり笑

そんなこんなで予約の時間になり、ふたたびお店へ。

 

やさしそうなおばさんのマッサージ師さんに足を洗ってもらう。

ずーっと歩いてたから、この時点ですでにだいぶ気持ちいい。

そのあとは、うすぐらーい別室に移動して着替え。

なんかいい匂いする。

足から施術スタート。

あとから知ったんだけど、タイの古式マッサージだと足をものすごーく

重点的にやるそうで、血行の改善とかになるらしい。

しかもだいぶ強め。かなり強め。

痛気持ちいいくらいが好きな私でも、「ウッ」てなる痛さ。

ものすごーく静かな部屋だから「いたいいたい」とか言いにくい空気。

とはいえ、なんだかんだでけっこう気持ちいいのほうが勝ってる。

が、絶対痛いのは苦手と思われる夫。(同じ部屋で施術してた)

静かだけど、意外と大丈夫なのかな……?

⇒施術後「人生で一番のやせ我慢だった」(=クソ痛かった)笑

 

私、身体がめちゃくちゃカタイのですが、終盤、前屈で背中グイグイ押されたときは

さすがに「イタイイタイイタイ!!!」と叫びました笑

おばちゃんに笑われた

終わってなんか肩が軽くなったような、すっきりしたような。

しかし施術の押しが強すぎて、ふたりそろって肩真っ赤……笑

 

そしてあるものを求めてまた夜のパトンビーチへ!

どうしてもプーケット食べたかったものがあるのです。

プーケットは海の幸が豊富だから、シーフード料理店がたくさん。

自分で材料を選んで好みの味付けで調理してもらうスタイルなんだけど、

絶対にロブスターが食べたかった!!

だって、日本のふつうのお店とかだと高いし、意外とちっちゃかったりするし。。

そもそも選べるところもあまりないし……

ということでよさげな店を選んで、ロブスター1匹食しました。

ガーリックバターめちゃくちゃ美味しかったよーー!!

大勢いたら、いろいろ頼めて楽しいだろうな~

プーケット行ったらぜひシーフードは食べてほしい。

 

お店を出たあとは、またライブバーに行ったりしてうろうろしたんだけど

最後の最後に行った、小さいバーがいっぱい並んでる通りの不思議な店。

なんとなくおばさまに呼び込まれて入ってしまったんだけど、

そこの店、ゲームに勝ったら1杯フリーで飲めるとのこと。

(負けたら店員さんに奢る)

↓こういうゲーム

ちょっと違うタイプだけど、同じようなゲームやったことあったから、

意外と勝てるのでは……! と意気込んでトライしたものの……

私も夫もふたりして敗北……まんまと2杯奢らされました。

調べてみると、けっこうこのパターン多いみたいね。

悔しい~次行ったときは勝ちたい!!

でもまぁ、過剰にゲームを吹っかけてはこなかったし、

おばさまも個性的でおもしろい人だったので、これも経験。

 

翌朝は早朝に起床し、空港へ行って、トラブルもなく無事帰国しましたとさ。

もうちょっと居たかった……!

とにかく楽しいプーケット旅行でした。

雨にも降られなかったし。海外旅行欲が再燃……!!

プーケットに行ってきたどー その3

プーケットフリー 2日目

 

この日は朝から夕方までツアー!

水着きたり、タオル持ったりいろいろと準備して出発。

そしていきなりの……

★子ゾウと海で写真撮影!

きたよーついにきたよーゾウさんと思う存分戯れられるときが……

撮影場所はホテルから車で15分くらいのビーチだったんだけど

すっごく水がきれいなところでした。

(なんていうビーチかはわからず。。カロンやパトンよりずっときれいだった)

ゾウさんが何頭か、小さい屋根の下にいて、海には子ゾウが!!

着いて早々、撮影スタート!

海の中にいる子ゾウちゃんに水の浮力を利用してRide on!

が、子ゾウといえどそれなりに大きいし、動いてるし、

どのくらい体重かけて大丈夫かもよくわからず若干苦戦。

結局思いっきりゾウさんにのしかかる感じで乗っちゃったけど、

ビクともせずゾウさんはおとなしいままで安心。

夫は少し大きめの子ゾウ、私は小さめの子ゾウに乗りました。

どっちもかわえええええ!!!

そこからは、鼻で水かけられたり、ゾウさん同士鼻をからませたり

海の中をバシャバシャ歩いたり、鼻に乗って持ち上げられたり(!)

と、もう私にとってはまさに楽園。

海から上がってからは、砂浜で前足を上げてくれたり

(背中に乗ってたんだけど、見た目よりずっと怖かった笑)

2頭のゾウに挟まれて写真撮られたりと、とにかく楽しかった。

あ、乗ったときの様子はこんな感じ。

f:id:pometubu:20180530192255j:plain

私、なんて楽しそうなんでしょうか。

ゾウさん、なんてかわいいんでしょうか。

海、なんてきれいなんでしょうか。

写真はプロのカメラマンの方が撮ってくれたので、とっても綺麗な仕上がり。

私たちは全部の写真をディスクに焼いてもらって、500BTで購入しました。

 

さて、散々はしゃいだあとは、アイスクリーム屋さん

店の前に、スイーツのオブジェがいっぱいあるフォトジェニックなお店でした。

暑かったし、はしゃいだあとだったからココナッツアイス美味~

 

★そして、有名な観光スポット、プロムテープ岬

夕陽で有名な場所だけど、昼間の景色もすごく綺麗!

ただ暑い! 日陰がない……とにかく外を歩くしかない場所だし……

天気に恵まれたのはいいけど暑すぎた……

あとは大中小いろんなゾウさんの置物がいーっぱいあって可愛かったです。

 

★ここまできてそろそろお昼時……ということでレストラン

人気があるみたいで、お店は満席。

トムヤムクンピザと具材を選べるオリジナルサラダ(あともちろんビール)を注文。

が、混んでるせいか、全然モノがこない……

ランチタイム1時間しかないんだが……

っていうかビールだけでも持ってきてくれていいよ?

と、うだうだ待っていたら40分くらいしてやっと注文の品が。

ふだんあまり早食いじゃないけど、このときばかりはがんばって完食しました。

どっちもすごく美味しかったです♡

 

★つづいてプーケット最大の寺院、ワットシャロン

確かにおっきかったです。あと中がキンキラキン。

中には仏像と高僧の像がたくさんあって、手のところにお賽銭?のような感じで

お金が置かれてました。

あと、ここはどうやらパワースポットらしい!!

行ってもあまり実感はなかったけど……笑

 

★このあとは、タイの民族衣装を着て撮影、ということでスタジオへ

小さいスタジオだったけど、本格的な衣装が何種類かあって、

色とかタイプを選んで、着替え後は耳に大きい飾りをつけたり、

腕やら首やらにいろいろアクセサリーつけたりして撮影開始。

カメラマンのお姉さんが「かわいい~」とか「きれい~」とか言いながら

汗を流して一生懸命撮影してくれたので、調子に乗りつつ、楽しみつつ、

撮ってもらいました。

夫いわく、民族衣装とアクセサリー、私にかなり似合ってたらしいです。

 

★そしてツアーの最後はプーケットタウン散策

壁にアーティスティックな絵が描いてあったり、

おしゃれなカフェがあったり、その割には古い中国系のお店もあったり、

なんだか不思議な場所でした。

お土産買ったり、お店を覗いたりして、写真撮ったり、

カフェでお茶(私はビール笑)したり、であっという間に帰る時間。

日によっては、近くにフリーマーケットとかが出るみたいだから、

そういうタイミングだったら、もっと楽しかったかも。

 

これにてツアーは終わりですが、帰りがけ突如として家族の話を始めるドライバー。

子どもの写真とか、奥さんの写真とか見せてくる。

これはあれか……家族養うのにお金いるから……

チップはずんでくれフラグか!!!

まぁ、確かに1日お世話になったし、コミュニケーションとろうとしてくれてたし

いいよね……ちょっとだけはずんでおきました。(200BTくらい渡したかな)

 

★夜はパトンビーチへ!

前日はカロンだったので、この日は一番賑やかだというパトンへ!

ちなみに、ホテルから出てるシャトルバス(シャトルトゥクトゥク…?笑)で

行ったんだけど、乗ってる人がみんな欧米人で、圧がすごかったです

(体格とか体臭とかさ、いろいろ)

 

パトンビーチ、確かにすごい!!

カロンはすぐ1周できちゃう感じだったけど……これはとても回りきれない。

あと、女の子と遊ぶ?系の店が多い。

カウンターの上でミニスカの女の子が踊って客引きしてたり。

でもどこもオープンで、外から全部見えるから、見てる分にはけっこう楽しい。

ライブバーもカロンよりいっぱいあって、人の多さも比べものにならない……

が、まぁ旅先で賑やかなのは嫌いじゃないので、

貴重品に気を付けつつ散策。

適当にビールとか飲み歩きつつ、食べつつ……

私はどうしても、屋台のパッタイ(レストランのじゃなくて)が食べたくて、

この日はその願いが叶いました♡

そして、またしてもライブバーに(笑…気に入っちゃって)

そこで歌っていた、チャモロ人みたいなちっちゃいおじさんがいたんだけど、

見た目から想像もつかないくらい歌が上手い。(ちょっとディスってごめん、おじさん)

入ったときちょうど、Guns'n'Rosesの"Sweet child o'mine"が始まって、

この曲だ―――い好きなので、一気にテンションが↑

しかも歌い始めの声がアクセルそっくり!!

ハイトーンのところまでめちゃくちゃカッコよく歌ってて、大興奮でした。

ステージの目の前、ど真ん中という超良い席で、その後も何曲か聴いて

キャッキャッして帰路へ。

 

翌日はノープランだったので、ホテルでさらにぐだぐだ飲んで就寝。

 

つづく

プーケットに行ってきたどー その2

プーケットフリー1日目

 

★11時ごろホテルに到着

プーケット国際空港から車で30分ほどのアビスタ・ハイダウェイに到着。

ウェルカムドリンクとフルーツをいただく。

ロビーが外とつながったような感じですごく開放的。

キレイなホテルでした。

とりあえず部屋に行き、ひとしきり部屋を見てはしゃぎ、いったん休憩。

部屋は海外のホテルでよくある、バスタブだけ独立してるパターンのやつ。

シャワールームとトイレが隣り合ってるんだけど、間の仕切りがガラス(笑)

で、シャワールームとトイレの扉は左右に動く共通状態で、

1枚&ガラス、大きさが片方分しかなくて、

つまり、シャワールームを閉めるとトイレ全開、

トイレ閉めると、シャワールーム全開、という……

とにかくトイレが開放的すぎて困惑(笑)

 

あーだこーだ言いつつ、いったん休憩。

だってこのあとゾウに乗るから!!!

 

★14時ごろホテル出発 ゾウさんのもとへ!

ホテルにドライバーさんが迎えにきてくれました。

VELTRAのゾウさんツアーは時間が選べて、3時間くらいでホテルに帰ってこられる

タイプだったので、体力的にはかなり助かりました。

 

1時間くらい車で移動して、ゾウさんがたくさんいるサファリっぽいところへ。

子ゾウと触れ合う&ゾウさん乗りツアーだったんだけど、

まずは子ゾウちゃんの元へ。

ふぉぉぉぉぉ子ゾウちゃんかわえええええ……!

餌のバナナ? 買う買う

うおー、鼻にバナナ渡してあげたことはあったけど、口に直であげたのは初めて!

え……今渡したのはハーモニカなのか……

うおーーハーモニカ吹いてる……(ノ゚ρ゚)ノ!!!

さらに……それはフラフープなのか……

うおーーーーフラフープ回しながらハーモニカ吹いてるーーー(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」

私そんな器用なことできないですよ

しかもなんかリズムとって踊り?ながら

しかもさ、バナナぜーんぶあげて空になったカゴをさ、

鼻で取って、元あった場所に戻しちゃうんだぜ

うおーーーーーーー賢い かわいい 賢い かわいい

 

そして次は本番! ゾウさん乗り1時間!

30分コースもあったけど、やっぱり1時間くらい乗らないと。

ちなみに、30度超えの真夏状態、真昼間、森、ということでめちゃくちゃ暑いです。

 

きゃーついに念願のゾウさん(大人)にRide on!

いや乗ったことあるけど、もう何年も前だし……

高い! 揺れる! 暑い! 硬い!(ゾウさんが) かわいい!(ゾウさんが)

楽しすぎて語彙力がなくなりました

 

で、道なき道をゾウさんで進むわけなのですが、

私たちを乗せてくれたゾウさん、かなりやんちゃで(笑)

道なき道の中でも、一段と茂ったほうに行きたがるんだよね。。

水ビシャビシャする、坂の上り下りの激しい方に行く、

かと思ったら草食べて全然動かなくなったりと、かなり自由なゾウさんでした。

落ちないようにするのに必死で、スリル満点だったけど楽しかったーーー

 

ゾウさんかわいいよゾウさん

 

ちなみにここのサファリには犬もネコもいて、

みーんなかわいかったです。土地柄か、みんな痩せてたけど。

 

★夜はカロンビーチへ!

17:30ごろホテルに帰ってきました。

午前中ホテルついてそのままグダっちゃって、お昼も食べず、

ゾウさんツアーに行っちゃったので、空腹もあってヘロヘロ。

少し休んでから、食べ物を求めてカロンビーチへ!

18:30ごろ着いたら、ちょうど夕陽の時間で、砂浜からの景色が綺麗でした。

 

次はとにかく食事! 

早くチャーンビール飲みたい!

オープンレストランぽい、安いタイ料理のお店へ。

食べたのは……

・ヤムウンセン

グリーンカレー

・ひき肉のバジル炒め

空芯菜炒め

トムヤムクン

全部めちゃくちゃ美味しかったです。

調子のって頼みすぎて食べきれなかったので、テイクアウトさせてもらいました。

あとネコが入ってきてかわいかった

 

お腹を満たしたあとは、カロンビーチの夜の街を散策。

けっこう賑やか! 島なので、シーフード系のお店多し。

でもやっぱり噂どおり、割と小ぢんまりとしていて、すぐ一周できる感じ。

暑いリゾート地だけあって、オープンバーとかオープンレストランが

多いんだけど、オープンのライブバーも!!

バンドの生音がガンガン外に流れています。惹かれる~

一番良さげなところを選んで、店内へ。

80~90年代くらいのロックをカバーしてるんだけど、

歌も演奏もすっごく上手くてカッコいい!

女性ヴォーカルの人、ハスキーボイスですてきでした。

 

演奏してる人もタバコ吸いながらとか、酒飲みながらとか、

なんかラフな感じでみーんな楽しそうで、良い雰囲気。

変な酔っ払い客(おじさん)とかも何人かいて、ステージの前で踊るわ、

ミュージシャンに説教しだすわ、挙句の果てに楽器奪うわ(笑)

店員とチークダンスするわ、もう無法地帯だったけど、

暴れたりとか、危険なことする人はいなくて、めちゃくちゃ楽しかったです。

 

何曲か聴いてホテルに帰って、まだ飲むぞー! と意気込んでいたんですが

帰ってシャワー浴びて、ビール一口二口飲んだところで鬼のように眠気が襲ってきて

(機内でもそんな眠れたわけじゃないし、ある意味当たり前)

パッタリとぐっすりと眠りに落ちました。

 

2日目はついに海でゾウさん!!!

 

つづく

プーケットに行ってきたどー その1

いってきたよ!!

久々の海外に!!

 

海外旅行大好きマンで、何年か前までは年1回は海外に行っていたものの

最近はカンクン以来めっきり行かずおとなしく暮らしていましたが……。

限界だーー!

ということで、前から夫と行こう行こうと言っていたプーケット

 

プーケットといえばタイ。

タイといえばゾウ!

ということでゾウには絶対乗る!!

と固く誓い、旅立ちの日を迎える。

 

日数は4泊5日、時期は4月(乾期と雨期の間で、真夏。一番暑い)

乾期が終わった時期だから若干雨の心配はあったけど、

結局滞在中は、1日だけかるーく降られただけで、お天気には恵まれました。

仕事後、深夜(23:50くらい)出発の便で羽田からTake off!!

航空会社はシンガポール航空

エコノミーだったから席は広いとはいえなかったけど

セルフモニターついてて、快適だったどー

 

シンガポールで乗り継いで、現地時間の9時ごろに到着。

ちなみにシンガポールでの待ち時間が長すぎてキツかった。。

 

まずは空港からホテルへ。

ちなみにアビスタ・ハイダウェイというところに泊まりました。

 

プーケットには、大きく分けて

パトンビーチ・カロンビーチ・カタビーチ、というのがあって、

行く前にいろんな人のブログを見てリサーチした結果、

★パトンはうるさいから泊まるのはおすすめしない! 

 でもにぎやかなのが好きな人ならいいかも……

★大人には落ち着いたカロン、カタゾーンがおすすめ! 欧米人の観光客多め。

ということだったので、パトンは避けようかなーと思ってたんだけど、

ここはパトンの中心街から少し離れた山の上のホテルで、

騒音とかの心配がなさそう&キレイめだったのでここに決定。

ほんとはカロンのほうに泊まりたかったんだけど……予算オーバーで諦めました。

 

パトンの中心まで15分くらいかな?

トゥクトゥクなら200バーツで行けるって言われたけど、

どう値切っても無理だった

 

初日と最終日は移動、中3日間がフリーで、そのうち

1日目⇒ゾウ乗り&子象と戯れるツアー&夜はカロンビーチで飲み

2日目⇒海で子象に乗って写真&プーケットタウン、プロムテープ岬など観光&

     夜はパトンビーチで飲み

3日目⇒ホテルのプールで遊ぶ→ダラダラしてパトンビーチ(ジャングセイロンなど)

     で買い物、遊び、飲み

という感じ。

どんだけゾウ乗るんだ、という笑

1日目、2日目はVELTRAというところで事前にツアーを予約しておきました。

大人数で行くタイプのツアーじゃないのがラクでよかったー

↓1日目

↓2日目


私たちについてくれたドライバーさんは、

日本語喋れないし、英語もあんまり喋れなかったけど

なんとかなりました。

wifiも使わせてもらえて快適!

ちなみにプーケット、街中のwifiも強めで、一応wifi持って行ったけど

あんまり使わなかったくらい。ホテルのwifiもあったし。

 

 

そうそう、日本との時差は2時間。

日本のほうが2時間進んでいます。

 

あと、コンビニとかでお酒買える時間帯が決まってました。

11:00-14:00と、17:00-24:00、だったかな。

お店で出すのは別みたいだったけど。

ファミマとセブンがいっぱいあって、繁華街の夜はどこもすごい人&ちょっと汚い&

多人種すぎてカオスだったなぁ……笑

 

その2につづく

グレイテストショーマンが感動的だった話

もうだいぶ経っちゃったけど、観てきたのです、

グレイテストショーマン!(ネタバレあります)

 

CM流れてるときから気になってたけど、満を持して!!

結論から言うと、

めちゃくちゃ良かった

 

ストーリーはとりたててびっくりするようなものではないというか、

割とスタンダードなサクセスストーリーではあるんだけど

なんといっても、劇中歌が良すぎ

ラ・ラ・ランド』のスタッフが音楽を手がけた模様。さすが。

あとみんなめちゃくちゃ歌上手い。

歌上手いとか言ったら失礼なくらい、上手い。

 

私は開始5分でウルウルでした。感動で。

キアラ・セトルの"This is me"(映画主題歌)なんてもう本当に最高すぎ。

ヒュー・ジャックマンザック・エフロンが歌う"The Other Side"も

超カッコよかった。

あれ観たらさ、もうウィスキー飲むしかないよね。笑

 

最後ゾウに乗って迎えにきたシーンは笑っちゃったけど、

ゾウで迎えにきてくれるパパなんてすてきすぎる。

 

どうやら、アメリカでサーカスを初めて実現したP.T.バーナムさんの実話だそうです。

調べてみると、かなり事実に忠実なのね。

 

歌唱シーンはどれもほんっとに良くて、どれも感動的、泣きそうになったところも

たくさんあったけど、ついに涙がこぼれてしまったのは、チャリティとの仲直りの

シーン。ほかにも泣けるとこいっぱいあったんだけどね。

夫がわりとバーナム系キャラだからか、奥さんのチャリティの気持ちはだいぶわかる。

もっと楽しく、もっと上へ、っていう気持ちもすごーくわかるけど、

じゅうぶん幸せだからふつうでいいよーっていうときもあるよね……

チャリティもいろいろ不安だったよね……

という謎の感情移入で泣いたものと思われる。

 

映画観てからというもの、すっかりグレイテストショーマン病で、

ヴォーカルスクールで練習する曲も"This is me"にしてみる始末。

 

ミュージカルが好きな人なら絶対感動する映画!

これまたいまからブルーレイを買おうと決めています。

(あ、そういえばキングスマン2のブルーレイは先日購入して、

 念願の、マーリン&エグジーと一緒に「JBに乾杯」、やりました。

 もちろんウィスキーで!)

 

ちなみに今夜からひっさびさの海外逃亡。数日だけど。

楽しみすぎる。肌寒い日本から脱出です。

いってきまーす

2017⇒2018

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

 

思えば昨年は、

年明けからインフルエンザ発症、

謎のじんましん……ふつうに風邪ひく、

会社の部長(直属の上司)が家庭の事情で長期休暇(=私忙しくなる)、

夏には虫垂炎になり、

引っ越しのくだりで夫と大喧嘩、

大人になってからできた数少ない友人と仲違い(ほぼ絶交)、

などなど、あんまり調子よくなかったような。

 

でもまぁ、無事引っ越しもできたし、

喧嘩はありつつ、円満に過ごしてるし、

虫垂炎も今のところ再発のきざしはないしいいのか……。

 

 

と、暗いんだかなんなんだかわからなくなってきましたが

今年は愛宕神社でひいたおみくじが「大吉」だったから、今後に期待したい!

 

 

しかし最近思うに「大人になってからできた数少ない友人(♀)と仲違い」が

意外と私の中でダメージがでかい模様。

喧嘩両成敗といいますが、今回の件については、相手の言動がめちゃくちゃで

彼女も何かしらつらかったんだろうけど、支離滅裂にキレられた私もつらかった。

私は酔いが回っていたのもあって、あまりの剣幕に泣いてしまったんだけど、

その場にいた夫(冷静・ほぼ素面)が激怒。

てめー、わけわからんこと言って、なに嫁泣かしとんじゃい、というやつですね。

 

だいぶこじれて、「もういいや、どうしようもないや」と思ってたんだけど、

夢とかにでてくるんだよなぁ……。

夢の中でうちに遊びに来ていたり、怒ってたりいろいろなんだけど。

こんなにでてくるってことは、やっぱりどこかで気にしてるんだな、と。

 

仲直りするというのもできなくはないと思うんだけど、

あまり本人のためにならないというか……。

彼女の旦那さんとも仲良しで、彼はとってもとっても良い子なんだけど

最近は奥さんが不安定なときがあったりで苦労している模様。

ふたりには、結婚式の2次会の司会やお手伝いをしてもらったりして、

本当に感謝してるし、大人になってからもこんな友達できるんだなと

心から思ってました。

だから私だってできれば前のように仲良くしたい。

あんまり友達いないし。笑

でも、仲違いのきっかけになった当時の状況を説明しても、

たぶん耳を貸してくれないと思うし(下手したら嘘ついてると思うかも)

人間、人に言われてそんな簡単に自分は変えられないと思う。特に彼女頑固だし。笑

だから、今は距離を置いて、

またいつか、話をして、わだかまりなく仲良くできたらいいなと思ってる。

甘いうえに、希望的観測すぎかもしれないけど。

だって出会ったころと今で、性格変わりすぎなんだもん。笑

とくに酔っぱらったとき……。

元に戻ってくれ~

 

たぶん、たぶんだけど、いろんな悩みを誰にも素直に言えず、

抱えていたものが、本意じゃない形で爆発したのかなとは思うんだけど、

だったら、家族とか、地元の友達とか、どっかのスナックのママとか、

 

誰が相手でもいいから正直な気持ちを吐き出して、

爆発しないように、というか、爆弾を持たないように、

自分をコントロールできるようになってほしい。

私とは全然違うタイプの子だけど、だからこそ一緒にいて面白かったし、

本当に大好きな友達だったんだよ……。

 

直後は悶々としすぎて、このことについて書く気にもなれなかったけど、

こんな気持ちだったなと明るく振り返れることを信じて!!(念)