読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポメつぶ

ポメラニアンに似ているらしい会社員(♀)が気の向くままに綴ります。

旅その2 屋久島①

世界遺産好きとしては外せない屋久

ただ、行くのは相当大変なのです。

 

私は鹿児島まで飛行機で行って、そこからフェリーで島に向かいました。

フェリーは確か1日2本くらいしかなかったような。

お昼前にくらいに空港について、そこからフェリー乗り場へ行き

乗り場付近にあった食事処でお昼を食べることに。

海の近くなので、お魚系のメニューが多かったな。

私も友人もお酒が好きなので、刺身定食と焼酎(鹿児島といえばやっぱり!)

を頼んだんだけど……

お酒、こんな感じできました。

f:id:pometubu:20160612211813j:plainグラス一杯で来るかと思いきやさすが本場。

ストレートのお酒(手前)&氷&飲む用のグラス、という

ロックセットみたいな。

f:id:pometubu:20160612212051j:plain刺身定食すっごく美味しかった!

 

お昼を食べてやっと屋久島に向かいます。

ちなみに3泊4日で行ったのですが、

1日目は移動のみ、2日目は白谷雲水峡というもののけ姫の舞台になったところに

行き、3日目は縄文杉を見に行って、4日目に帰ってくる、

というスケジュールでした。けっこうスタンダードなパターン。

 

屋久島には大きなホテルはなく、小さな民宿ばかりなので、

ネットでよさそうなところを探しました。

交通手段がなく、フェリー降りてからひたすら歩いて向かったんだけど、

まぁ遠かった……。

人そのものがあまりいないので、ココってこっちで合ってますか、と

道端で人に会うたびに聞いて、「もうちょっとまっすぐ行けば着くよ」と

何度か言われ……田舎のもうちょっとコワイ

 

そんなこんなで民宿到着。

共有スペースみたいなのがあって、部屋は畳の和室。

昔の日本家屋って感じのところで、食堂は別の建物になってました。

周りはなんっにもない。夜になったら真っ暗。

スーパーやコンビニは当然なく、田んぼに囲まれています。

外灯もないので、夜は足元や自分の手すら見えない。

 

でもねー、そのぶん星がめちゃくちゃ綺麗だった!

後々、海外でもすごーくきれいな星空を見たのですが、

屋久島に行ったときは、生まれてきて一番の星空を見たと思いました。

 

翌日はもののけ姫

わくわくー!!