読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポメつぶ

ポメラニアンに似ているらしい会社員(♀)が気の向くままに綴ります。

「美女と野獣」が好きすぎてつらい

実写化で話題になっている美女と野獣

私はこのアニメーションがもうディズニーの中でも飛びぬけて大好きなのです。

好きすぎて、結婚式のお色直しのカラードレスは黄色にしようと思っていたくらい。

この前ひさしぶりに、アニメをレンタルして観たんだけど

あーやっぱり良すぎた……! 

なんかね、すてきすぎて要所要所で涙が出てくるんだよね。笑

超有名なお話なので、ネタバレは気にしないでいきます。

 

まずベルのキャラクター。

村一番の美女といわれてるくらいだから、本当にきれい。

ディズニープリンセスの中で一番好きな顔です。

この話を語るのに、最初が見た目かよって感じですが、だってかわいいんだもん。

あと、読書好きなところが最高。

初めて見たとき、3度の飯より読書が好きという読書少女だった私の心に

スマッシュヒットでした。(今も読書は好きだよ)

それから、ベルは変わり者だけどふつーの娘で、お姫さまじゃないのもすてきです。

 

それから、お城の家具や装飾品たちもすっごく魅力的です。

チップがかわいい……! 吹替の声がめちゃくちゃかわいい。

ルミエールも好き。吹替版のルミエールが大好きだったのですが、

最近調べたところ、安定感抜群の江原正士さんが声優をやってました。

みんな野獣のことを怖がってはいるんだけど

「あいつほんとダメなやつなんだよな」的な優しさを感じます。

 

印象的なシーンはというと。。

私が一番好きなのは、何か彼女にプレゼントがしたい! という野獣からの

図書室のプレゼントシーン。

あんなのめちゃくちゃうれしい!!!!

初めて観たときにも、なんて最高のプレゼントなんだぁぁと、思ったものです。

 

それから、スープを飲むシーンもいいよね。

スプーンが上手く使えない野獣を見て、お皿を手で持ち上げて飲むっていう。

ベル優しい……!!

あと野獣がうれしそうにしてて、かわいい。

野獣がかわいいシーンというと、2人が雪遊びをするところで、

小鳥まみれになってるのとかかわいすぎる。

ここでふたりが歌う歌も好きです。

www.youtube.com

 

アニメーションだと、こんなふうにけっこういきなり仲良くなっているのですが

実写だともうちょっとリアルな感じなんでしょうか。

 

そしてとっても素敵なホールでのダンスシーンのあと、

野獣はベルにプロポーズしようとするわけですが、

パパに会いたい……! とベルに言われ、鏡で様子を見せたら、

吹雪の中で遭難しているパパ。

悲しむベルを見て、野獣は彼女を釈放するわけです。

愛!!

自分の呪いを解いてくれるかもしれない人なのに

もう時間がないというのに

ものすごーくシンプルではありますが、

自分の大事なことよりも、相手の大事なことを選べるというのは、

もう本当の愛!!(と思いつつ、観ては泣く)

 

このあとはお城にガストンが攻めてきたりとかして、

どんちゃん騒ぎでみんな戦い、野獣は瀕死になるんだけど、

最後はベルの涙で命が救われ、呪いも解ける、というスーパー王道展開です。

でもこの最後の王道シーンも良いんだよ……

瀕死の野獣がベルに「君は戻ってきてくれた、死ぬ前に君の顔が見たかった」的な

ことを言うんだけど、そこでも私はいつも泣いています。笑

 

最後にもうひとつ。

この映画といえば!の曲、”Beauty and the Beast

アニメーションのほうは、セリーヌ・ディオンが男性とデュエットで歌っています。

この曲ほんといいよねぇ……!!

吹替版のポット夫人バージョンも良いけど。

実写版のほうは、アリアナ・グランデが歌ってますね。

若干エッジ効いた感じになってますが、どちらもとっても良いです。

アリアナ・グランデ、歌クソ上手いな……

でも今のところアニメーションの印象が強いから、

セリーヌ・ディオン版のほうがしっくりくるかなぁ。

 

まもなく実写版公開! 絶対1週間以内に観に行きたいと思います(*^-^*)

ベルをエマ・ワトソンが演じていますが、

アニメーションの大ファンとしても、全然違和感ない!

知的さといい、美しさといい、イメージどおり~!!という感じです。

どのシーンもすっごく楽しみ~~

観に行くのが待ち遠しい♪